開発にかかる費用

システム開発の見積りってどうやって出されているの?

システム開発の見積り方法

システムを開発する費用の見積りは、どのようにして見積られているのか?

システム開発の費用を見積もる方法には、いくつかの方法があります。代表的な手法は、以下の2つが上げられます。

Image

Image

Image

人月の単価は、システムエンジニアとプログラマにより、単価を分けている会社もあります。

システムエンジニアは、主にお打合せ、設計、テストなどを担当し、プログラマは、主にプログラム作成を担当します。

プログラマの人月単価は、システムエンジニアより、低いのが一般的です。

Image

人月単価は、どこも同じなのか?

システム開発の業界は、不動産業界と同様で、階層化の
下請構造になっています。
大手システム会社の場合、子会社、委託会社等に仕事を
依頼するケースが多いため、受注単価と発注単価の利幅を確保するため、人月単価がかなり高く設定されています。
大手企業になればなるほど、間接経費も高くなりますので、その分の費用も単価に反映されます。
システム開発が、他の業種と大きく異なる点として、開発は全て手作業のため、担当するシステムエンジニア、プログラマの能力に依存するところです。
そのため、「人月単価が高い=質も高い」という方式が成り立ちません。
「大手だから」、「名前を聞いたことがある会社だから」だけで、発注を決めるのは危険性があります。
中小企業が、最適な費用でシステム開発をしたい場合は、大手ではなく、中小の良いシステム会社を選択する方が、コストを抑えたシステムの開発ができます。

Image

page top ▲

人数、期間の算出方法

何人で、どの位の期間がかかるかをどのように計算しているのか?

システム開発は、調査分析・お打合せ、基本設計、詳細設計、プログラム作成、テスト、データ移行、システム納品などの作業工程に分けられます。その各工程の中を更に細かく分け、それぞれに対し、何日かかるかを計算し、積み上がった結果がシステム開発にかかる費用になります。

Image

Image

通常、上記のような見積りの内訳を提示してくるのが普通ですが、中には、総額のみや各工程の総額のみで、内訳が分からない見積りを出す会社もあります。初めて取引をする会社の場合は、十分に注意をしてください。

見積りの内訳+提案書などの資料を提出してくれる会社は良い会社だと思います。

page top ▲

よくある質問

システム用語集

システムに関するご相談・ご質問・お問合せは、こちらから

失敗しない!システム導入とは

業務システムを導入しなければならないが、「どこへ、どうやって」頼めばいいか分からない、システムの知識がない方の不安や疑問を解決するためのサイトです。このサイトを見れば、システム導入のメリット依頼の仕方、見積りの仕方などが分かります。

このサイトは「ニッセルワン」が運営しています
  • ニッセルワンのシステムの特長
  • 開発実績

たいせつにしますプライバシー