パッケージと独自開発

システム開発とは

業務改善や効率化をはかるためにITを活用した仕組みをつくること

簡単にいうとコンピュータを使って時間が掛っていた業務や手作業で間違いの多かった業務を効率的に改善したり、従来の手法では出来なかったことを実現するためにプログラムを開発し利用することになります。
簡単な例では、販売を管理する販売管理システム、在庫状況を管理する在庫管理システム、会計システムなどがあります。

パッケージ製品を選ぶか、独自に開発するか?

Image

自社にシステムを導入する際には、パッケージ製品(市販品勘定奉行etc)を導入するか、自社に合わせたシステムを構築するかの二つの選択肢があります。

自社の業務内容が、特に独自性がなく、一般に販売されているパッケージのシステムで十分な場合は、コスト的なメリットがある業務パッケージの導入をお勧めします。
自社独自の業務が多い場合は、パッケージをカスタマイズするとかえって費用が高くなりますので、独自開発をお勧めします。

パッケージシステムは、メリットも多いですが、決められた機能しか使えないため、競争力を発揮する業務プロセスがある場合は、それが死んでしまう可能性があります。パッケージと独自開発のメリット/デメリットをよく検討し、システムの選択をすることをお勧めします。
複雑でない業務はパッケージシステムを利用し、独自業務、独自管理帳票などは独自開発をし、システム連携をする方法もあります。

パッケージシステムを販売している会社は、独自システムの開発をしない会社も多いので、パッケージシステムの導入及び独自開発をしている会社を選択した方がワンストップでのシステム導入が可能になります。

page top ▲

よくある質問

システム用語集

システムに関するご相談・ご質問・お問合せは、こちらから

失敗しない!システム導入とは

業務システムを導入しなければならないが、「どこへ、どうやって」頼めばいいか分からない、システムの知識がない方の不安や疑問を解決するためのサイトです。このサイトを見れば、システム導入のメリット依頼の仕方、見積りの仕方などが分かります。

このサイトは「ニッセルワン」が運営しています
  • ニッセルワンのシステムの特長
  • 開発実績

たいせつにしますプライバシー