失敗しないシステムの依頼方法

良いシステムを開発してもらうために、こんなことをきちんと伝えて依頼しよう!

現状の状態は…で、こんな形に変えたい!

Image

現状の状態、システム導入後の期待される状態を伝える

システムの役割は、現状の問題点を改善し、期待される理想(あるべき姿)の状態に近づけることです。
そのために、システムを開発する側は、現状の状態とシステム導入後の状態を聞きたいので、
「現状はこんな状態で、これをこんな形に変えたい」と伝えます。
その内容を聞いたシステム会社は、現状と理想の状態のギャップを埋める方法をシステムという形で実現をします。
出来るだけ詳しく現状の状態と期待される状態をお話しいただくとシステム会社からより良いシステムの提案を頂くことができます。
現状の状態をスタートとすると、期待される状態はゴールになります。
スタートからゴールまでの道筋、プロセスは、いくつかの方法があると思います。
より最善、最適な方法を提案できるシステム会社は良いシステム会社と判断できます。

page top ▲

処理するデータ件数

Image

現状のデータの件数や将来的なデータ件数の予想を伝える

システムを開発を依頼する場合には、処理するデータの件数を伝えることが大切です。
例えば、現状の売上の件数は何件で、将来的には何件くらいになりそうだとかの件数を伝えることより、システム開発時の規模、データベースの選定、ハードウェアの選定などがスムーズに算定することが可能になります。
システム規模を正確に把握することにより、適切なシステム構成の提案を頂けます。

page top ▲

「必ず」、「出来れば」実現したいこと

Image

「必ず実現したいこと」と「出来れば実現したいこと」を伝える

システム開発を依頼し、打合せを進めていくと、当初想定していなかったことがいろいろと思いついたり、提案をされたりします。
全てのことを実現するには、やはり費用がかかります。そのような時に「必ず実現したい事項(Must事項)」と「出来れば実現したい(Want事項)」を分けて伝えると、システムで実現する内容がより明確になります。
実現出来なかったことは来年度予算にするなど、開発フェーズを分けることも可能です。

page top ▲

よくある質問

システム用語集

システムに関するご相談・ご質問・お問合せは、こちらから

失敗しない!システム導入とは

業務システムを導入しなければならないが、「どこへ、どうやって」頼めばいいか分からない、システムの知識がない方の不安や疑問を解決するためのサイトです。このサイトを見れば、システム導入のメリット依頼の仕方、見積りの仕方などが分かります。

このサイトは「ニッセルワン」が運営しています
  • ニッセルワンのシステムの特長
  • 開発実績

たいせつにしますプライバシー