失敗しないシステムの導入方法

システム開発後のことまで考えて社内での下準備をしっかり整えよう!

実際に利用する方の声をきく

Image

打合せ段階から、実際に使用する担当者の意見を聞く

システム開発を実際に依頼し、打合せを進めていく中で、システム担当者のみ打合せに参加されて、システムの内容を決めていく場合があります。
社内のコンセンサスが取れていればいいのですが、コンセンサスが取れていない場合は、システムを運用する段階で、実際にシステムを使用する担当者から「使いにくい」、「業務にあっていない」などの問題が発生する可能性があります。
そのようなことが起きないように、システムの打合せ段階から、実際に使用される担当者を巻き込んで打合せをされることをご提案します。

page top ▲

社内の体制を整える

Image

社内の体制を事前に整える

いよいよシステムが完成し、システムを担当された方は、一息をつきたいところだと思いますが、システム開発が完了してもまだ、ゴールには到達していません。
開発したシステムが安定的に利用されて、初めて一息をつくことができます。
システムの開発が完了し、安定運用になるまでには、いろいろとやることが多く、ご苦労があります。

一番大切なのは、現場の方にうまく利用して頂けるように社内の体制を整えることです。
システム導入に伴う業務方法の見直し、システム利用者の役割、体制などを事前に準備しておくことでスムーズにシステムを運用することが可能になります。

page top ▲

アフターフォロー体制を構築する

Image

アフターフォローの契約を結ぶ

システムの運用を開始したら、システムの保守契約を結ばれることをご提案します。
社内に開発したシステムとコンピュータに詳しい方がいれば別ですが、専属のシステム管理者がいない場合は、
システム会社と保守契約を結び、安定的にシステムが運用される体制を築くことが大切です。
特に日常の業務をシステム化した場合は、システムがストップしたら、業務もストップしてしまいます。
コンピュータでの業務が通常化すると、手書きやEXCELなどで代替えをしようとしても対応できないのが普通です。

page top ▲

よくある質問

システム用語集

システムに関するご相談・ご質問・お問合せは、こちらから

失敗しない!システム導入とは

業務システムを導入しなければならないが、「どこへ、どうやって」頼めばいいか分からない、システムの知識がない方の不安や疑問を解決するためのサイトです。このサイトを見れば、システム導入のメリット依頼の仕方、見積りの仕方などが分かります。

このサイトは「ニッセルワン」が運営しています
  • ニッセルワンのシステムの特長
  • 開発実績

たいせつにしますプライバシー