業者選びのポイント

業者選びの10のポイント

提案内容がしっかりしていること

見積り段階できちんと提案書を提出してくれる会社は良心的な会社です。
見積書と簡単な機能の一覧しか提出しない会社も多いので、提案書やそれにかわるプレゼンをしてくれる会社を選択しましょう。

少人数で訪問する会社

大人数で訪問してくる会社はすごいと思いがちですが、全てコストがかかっているので費用は当然高くなります。
開発費用は人月単価で計算されるケースが多いので、人月単価が80万円ですと、1日当たりの単価は4万円になります。
1日打合せをすれば、一人当たり4万円の費用が発生するということになりますので、大人数でなく適正な人数で訪問する会社を選択しましょう。

見積りの内容が分かりやすいこと

見積書がおおざっぱでなく、見積り根拠が分かる明細がある会社を選択しましょう。
中には、見積り根拠となる明細がない会社もありますので、その際にはきちんと見積書の内容を確認するようにします。
見積りの中身をきちんと説明できる会社を選択しましょう。

page top ▲

直ぐに値引きをしない

直ぐに大幅の値引きに応じる会社は最初から値引きを前提とした金額を設定していることがあります。直ぐに値引きに応じない会社は対応が悪いように見えますが、最初から適正な金額を提示していると考えた方が良いかと思います。
初回取引やお客様の予算の関係等の理由で、大幅に値引きをするケースはあると思いますが、毎回簡単に値引きをする会社は当初から値引きを前提にしていると考えた方が良いと思います。

page top ▲

ある程度の企業規模の会社

比較的規模の小さいシステムの開発であれば、小さな会社でも問題がないと思いますが、1,000万円を超えるようなシステムを依頼する場合、ある程度の企業規模の会社を選択することが無難です。
何故かというと、システム開発は全て手作りですので、トラブルが発生した場合、SEの交代、人海戦術によるフォローが必要になります。そうした場合、小さなシステム会社ですと対応が出来ない場合が発生します。

page top ▲

ドキュメントがきちんとしている会社

システム開発は、ほぼ全てが手作業で行われる仕事になりますので、打合せ議事録、設計書などのドキュメントを通して、お客様と確認することが大切になります。
どんな業界でも同じですが、口約束ですと、後々「言った、言わない」のトラブルを引き起こすことになります。
きちんとドキュメントを作成し、記録を残し、システム開発をすすめていく会社を選択しましょう。

page top ▲

専門用語を使わず分かりやすく説明をしてくれる

IT、システムの業界は、略語、横文字、専門用語がたくさん使用される業界です。
同じ業界にいる感覚でお客様に説明するのではなく、専門用語を使わず素人の方にも分かるような形で説明をしてくれる会社は、お客様の視点にたった会社だと思います。
特に独自開発でシステム開発をする場合は、お客様とのコミュニケーションの度合いが、成否を決めると言っても良いかと思います。
専門用語を使わずに分かりやすく説明してくれる会社を選択しましょう。

page top ▲

センスの良い会社

昔のコンピュータは、今のように画面のデザインの自由度がなく、限られた色、フォントで画面デザインを作成するしかありませんでした。
今は、白いキャンバスに自由にデザインを出来る時代になりました。ドキュメントのセンス、画面デザインのセンスなどの良い会社を選択した方が、良いセンスのシステムが構築できると思います。
訪問される方の服装のセンスを見るのもポイントのひとつかも知れません。

page top ▲

ブランドだけを強調しない会社

大手、知名度だけを強調し、説明のすくない場合は、注意が必要です。
システム開発のことを良く知らない営業の方が、知名度だけを売りに注文をとろうとするケースがあります。さらに、大手のシステム会社は、子請け、孫請けに発注することが多いので、具体的にシステムを依頼した場合の開発体制を要求することが大切です。
ブランドだけでなく、説明をしっかりしてくれる会社を選択しましょう。

page top ▲

レスポンスの良い会社

メール、質問の回答も含めて、レスポンスの良い会社を選択しましょう。
反応が遅い会社は、いろいろな場面で問題が発生する確率が高くなります。

page top ▲

よくある質問

システム用語集

システムに関するご相談・ご質問・お問合せは、こちらから

失敗しない!システム導入とは

業務システムを導入しなければならないが、「どこへ、どうやって」頼めばいいか分からない、システムの知識がない方の不安や疑問を解決するためのサイトです。このサイトを見れば、システム導入のメリット依頼の仕方、見積りの仕方などが分かります。

このサイトは「ニッセルワン」が運営しています
  • ニッセルワンのシステムの特長
  • 開発実績

たいせつにしますプライバシー